メインイメージ

ネットバンキング

会社設立にネットバンキングは使えるのか。


会社設立を行うときは資本金振込口座を指定する必要が出てきます。
今までは銀行というと各地域に存在する支店などが一般的な存在でしたが、昨今は急激なペースでインターネット上に存在する銀行、いわゆるインターネットバンクが増加してきています。
こうした銀行で作成された口座であっても、会社設立を行うことは可能です。
ネットバンキングで作成された口座を資本金振込口座に設定することの大きなメリットは二つあります。
まず一つが「24時間いつでも振り込める」ということです。
基本的にインターネットバンクはインターネットを介してシステムにアクセスして口座の管理を行うため、たとえ深夜であっても振込みなどの手続きを依頼することが可能になっています。
二つ目が「振り込み手数料が安い」ということです。
どのような銀行であれ、振り込みなどを依頼する際はほとんどが手数料を必要とします。
ですがネットバンキングの場合ですと、一般的にこうした手数料は通常の銀行よりも抑えられていることが多くなっています。
また自宅にいながらにしてこうした手続きを依頼することが出来るということも、時間や経費の節約の面で大きな役割を果たすといえるでしょう。
ですが会社設立の手続きを進めていると、ほぼ必ずといっていいほどに直面する問題があります。
それが「通帳が無い」という問題です。
基本的に会社設立時には手続きの中で「資本金が確かにある」ということを証明するために、法務局などに資本金の振り込まれた口座の通帳のコピーを提出することが求められます。
ですが通常、ネットバンキングで口座を作成した場合は通帳が発行されません。
そのため通帳のコピーを提出しなくてはならないがそもそも通帳が無い、という事態に陥ることとなります。
こうした場合は、インターネットでダウンロードを出来る取引明細を印刷したものと、自身が持つキャッシュカードのコピーの二点を提出することとなります。
但し、印刷した取引明細には銀行名と支店名、口座番号が記載されている必要があるので注意が必要です。
こうした情報を表示する方法はその銀行によって異なってきますので、銀行のサイトで用意されている解説を読むか、もしわからなければメールや電話などで確認を取るようにするとスムーズに進めることが出来るでしょう。
現在、ネットバンキングで口座を作成するということは非常に一般的なものとなってきました。
またこうした口座を利用することは時としてメリットをもたらしますので、選択肢の一つとして考慮しておく価値があるといえるでしょう。

Copyright©2017 会社設立をする前に準備しておくことAll Rights Reserved.